名刺

ビル

相手に好印象を与える、ビジネス名刺の工夫について

名刺とは、小形の用紙に、氏名(法人の場合は会社名)、住所、肩書きなどが記載されたもので、主に初対面の相手と接する際、自己紹介目的で相手に手渡したり、交換したり、といった用い方をされます。とりわけ、ビジネスの場においては、人脈形成のための異業種交流会、新規取引先との商談、など交換の機会が非常に多く存在し、気が付けば非常に多くの相手と交換をしていた、なんてことが往々にしてあり、相手も同様に多くの相手と交換していることでしょう。では、そんな多くの相手と交換した中で、自分の事を印象付けたい、覚えてもらいたいと思えば、名刺にもそれなりの工夫が必要となってきます。一番大事なのは名刺の記載内容です。一般的に多くみられるのは、会社名、住所、連絡先、主な業務内容といったところになるのですが、最近では会社の経営理念、事業に対する経営理念などを記載してあるケースも少なからずみられるようになってきました。また、担当者でいけば顔写真えお掲載するなどして、いつでも思い出してもらえる工夫などもなされています。このような工夫は相手に印象を残すという意味で大変有効といえます。

関連情報一覧

名刺の受け渡しの正しいマナーについて

理想的な価格帯で名刺を作成する

名刺に行ってきた事を書いておく

相手に好印象を与える、ビジネス名刺の工夫について